« 北海道旅行記(1) 北海道ちほく高原鉄道 | トップページ | 北海道旅行記(3) 幾寅駅(映画「鉄道員」ロケ地) »

2006/04/11

北海道旅行記(2) 帯広

池田駅17:34到着後、JR根室本線の17:40発の芽室行に乗って今日の宿がある帯広に向かう。1両編成。
北海道ちほく鉄道で立客が大勢いたので、接続するこの列車も混雑するであろう思っていたが、ちょうど座席が埋まるぐらいであった。
池田駅で改札口に向かった客も多かったようだ。

18:11に帯広に到着。
帯広駅は2面4線の高架駅、改札口に自動改札機が設置されている。
ホームそれぞれに改札口があり、宮崎駅のよう作りであった。

帯広駅の北口を出る。
よく整備された駅前で、周辺はホテルが多い。
人が余り歩いていない。大きなバス乗り場があるがバスが1台も停まっていなかった。翌朝は何台か停まっていたので、偶然だったと思う。

帯広駅近くの「ぽんちょう」という店で豚丼を食べる。
肉の量によって松・竹・梅・華がある。一番量の少ない松で850円、一番量の多い華が1250円。
味噌汁は別料金との事。わかめ180円又はなめこ200円。
豚丼の値段はそんなものかと思うが、味噌汁の値段は高すぎる。
と思いつつ、豚丼・竹、わかめの味噌汁、ビール(瓶のみ置いてある) を頼む。

出てきた瓶ビールは、「サッポロラガービール」というはじめて見たビールだった。
上手かった。

やや待って、豚丼・竹が到着。
松屋や吉野家のような感じの豚丼ではなく、たれをつけて焼いた豚ロース肉がご飯の上にのせてある。
味は、普通って所か。

食事後、帯広駅の駅前広場にある温度計見たら0度であった。

「ぽんちょう」の直ぐ近くにある十勝ガーデンズホテルに宿泊。

P4080031_3 P4080033_1

|

« 北海道旅行記(1) 北海道ちほく高原鉄道 | トップページ | 北海道旅行記(3) 幾寅駅(映画「鉄道員」ロケ地) »

~の旅(2006)」カテゴリの記事

地域 - 北海道」カテゴリの記事

グルメ・クッキング - 丼」カテゴリの記事

コメント

やっぱりサッポロビール、飲んでますね。

投稿: 岩佐 | 2006/04/13 10:53

本州の飲食店や酒屋で「サッポロラガービール」という銘柄が置いてあるのを見た記憶がありません。
北海道では「サッポロラガービール」ってメジャーなのですか?

投稿: やいゆえブログ | 2006/04/13 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行記(2) 帯広:

« 北海道旅行記(1) 北海道ちほく高原鉄道 | トップページ | 北海道旅行記(3) 幾寅駅(映画「鉄道員」ロケ地) »