2020/09/22

京急ミュージアム前

新高島駅から地上に出たら京急ミュージアム前でした。

・椅子
Dsc_8907 Dsc_8908_20200922220301

京急の車両をモチーフにした椅子が並べられていました。

・京急ミュージアムの外観
Dsc_8909 Dsc_8910

京急ミュージアムの中はまだ入ったことがありません。

| | コメント (0)

BankART Life VI「都市への挿入」川俣 正

横浜トリエンナーレでは横浜アート巡りチケットを買ったので、
それで見られる『BankART Life VI「都市への挿入」川俣 正』に行きました。
会場は、BankART Station、BankART Temporary、馬車道駅構内の3箇所に分かれています。

まずは馬車道駅構内へ。

・馬車道駅構内での展示
Dsc_8869 Dsc_8871

続いてBankART Temporaryへ。
馬車道駅近くのヨコハマ創造都市センターのところです。
Temporaryとあるので仮なんですかね?

・BankART Temporaryの入口
Dsc_8872

ポスターにある建物への飾りつけは明日から工事を行うそうです(行ったのは9月13日なので9月14日から)。ガクッ

・BankART Temporaryの1階での展示
Dsc_8874 Dsc_8877

これだけかと思ったら上の階でも展示がありました。

・BankART Temporaryの3階での展示
Dsc_8878

・BankART Temporaryの建物
Dsc_8882 Dsc_8887

続いてBankART Stationへ。
新高島駅の地下1階にあります。

・BankART Stationの入口
Dsc_8900

・BankART Stationの1つ目のエリア
Dsc_8901_20200922191701

川俣氏は木材を使ったアートを手掛けているようで、過去作品の写真の展示が行われていました。
新たに建てる他に、既存のために木材のものをくっつけるなど。
BankART NYKの1階にあった木の囲いも彼の作品だそうです。
木は燃えやすいですが、こういうのって消防法とかそういうのはどういう扱いになるんだろうなぁとふと思いました。

・BankART Stationの2つ目のエリア
Dsc_8903_20200922191701 Dsc_8906

BankART Temporaryの囲いも観たかったところですが、10月11日までで野外なので、それまでに行けば見られますね。

| | コメント (0)

横浜トリエンナーレ2020 (3) 日本郵船歴史博物館

横浜トリエンナーレ2020日本郵船歴史博物館での展示にまだ行ってなかったので行きました。
こちらは横浜美術館での予約日と違う日でも入場可能です。

・日本郵船歴史博物館
Dsc_8863

横浜トリエンナーレ2020の展示は常設展の一角にありました。
入場口は常設展と共通で、横浜トリエンナーレ2020の展示に入る所に検札はなかったので、
常設展の入場券で横浜トリエンナーレ2020の展示も、逆に横浜トリエンナーレ2020の入場券で常設展を見ようと思えば見れてしまいます。
館内ではビニール手袋をしないといけないことになっており、汗をかいてきたこともあり正直きつかったです。(布ならまだ良いのでしょうが)

・アリアンヌ・フォーミ氏の作品
Dsc_8864_20200921234401 Dsc_8866

トリエンナーレの展示はこれのみでした。

| | コメント (0)

2020/09/21

馬車道界隈

馬車道へ。

・万国橋から見た東方向
Dsc_8856_20200921190201

横浜税関のクイーンの塔が見えます。
その右が神奈川県警本部でその右の空いているところに倉庫を改造したBankART NYKがありました。
横浜トリエンナーレはかつてはそこも会場の1つだったりしていました。

・万国橋から見た西方向
Dsc_8859

・旧横浜生糸検査所付属倉庫事務所
Dsc_8886

昔はなかったような気がするのですが隣に大きなビルができていて繋がっていました。

・北仲BRICK&WHITE
Dsc_8890_20200921194601 

北仲BRICK&WHITEというそうでビルボードライブ横浜が入居していました。
将来こういうところで公演する事もありえるのかな? とふとそんなことを思いました。
上層階はマンションのようでした。

2階に上がってみたら。

・北仲BRICK&WHITEから見た観覧車
Dsc_8891_20200921221101 Dsc_8892

この角度で見る観覧車は新鮮でした。

・北仲BRICK&WHITEから見たランドマークタワー
Dsc_8896

1本離れた所ですが、神奈川中央交通の県庁入口バス停のポールがまだ残っていました。バスが来なくなってもうだいぶ経つと思います。(12年前のようです)

・県庁入口バス停
Dsc_8868

| | コメント (0)

横浜ハンマーヘッド

横浜ハンマーヘッドへ。
2019年に10月に開業した複合施設で、新港ふ頭客船ターミナルも入居しています。

・横浜ハンマーヘッドの外観
Dsc_8842 Dsc_8840_20200920194501

中に入ります。

・横浜ハンマーヘッドの室内
Dsc_8839_20200920195001 Dsc_8778
Dsc_8780_20200920195001

1階の入口近くにラーメンのフードコート(JAPAN RAMEN FOOD HALL)があり、奥のCIQホールが船の乗客が入出国手続き等をするところです。
豪華客船から降りた人はCIQホールから出てきてフードコートの前を通り抜けて街に出ていくことになるのでしょうか? (あんまり高級感がないですが)

このフードコートのラーメンの中から、長野ではなく北海道から出店の白樺山荘で人気No.1らしい「味噌チャーシューメン」(1100円)を思い切って食べました。
無料でゆでたまごが付けられます。これはどう食べるべきなのか迷いましたが、ラーメンに入れました。トッピングに味玉があって、味玉頼まなくて良かったかな。
美味しかったです。

・白樺山荘「味噌チャーシューメン」
Dsc_0069_20200920195001

2階のデッキに出てみました。

・デッキから見たら北側 (パシフィコ横浜側)
Dsc_8837

・デッキから見たハンマーヘッドクレーン
Dsc_8834

ハンマーヘッドクレーンは1914年(大正3年)に建造されたイギリス製のクレーンで2001年まで使用されていたそうです。
近代化産業遺産に指定されています。
同型のものが現在も長崎市と佐世保市で稼働しているようです。

近くに行ってみます。

・ハンマーヘッドクレーン
Dsc_8808_20200921000401 Dsc_8817_20200921000401
Dsc_8818_20200921000401 Dsc_8823_20200921000401

下には線路を模したものがありました。

・線路を模したもの
Dsc_8816_20200921000401 

船がこっちにやってきました「みらいへ」とあります。
調べてみたら一般社団法人グローバル人材育成推進機構が保有する航海練習船で、元は大阪市の所有で橋下徹氏の市政革命で売却されたそうです。

・「みらいへ」とハンマーヘッドクレーン
Dsc_8825_20200921000401 Dsc_8828_20200921000401

帰りは馬車道駅の方に向かいました。

・その途中の歩道橋から見た横浜赤レンガ倉庫
Dsc_8850

| | コメント (0)

«横浜の連接バス BAYSIDE BLUE