2019/04/21

ももクロ春の一大事2019 in 黒部 (1) DAY1 開演まで

4月20日と21日の2日間、富山県黒部市の宮野運動公園で「ももクロ春の一大事2019 in 黒部 素顔のチカラつなげるオモイ」が開催されました。
その内4月20日のDAY1のみ日帰りで行きました。

行きは東京駅10:32発のはくたか32号の自由席で。
JR西日本の車両(W7系)でした。
W7系初乗車。ちなみにH5系はまだ乗ったことがない(はず)。

・W7系
W7系

駅到着前等に流れる車内チャイムが東日本の車両と異なり、東海道・山陽新幹線の西日本の車両で流れる「いい日旅立ち」とも違う。何となく聴き覚えがあるけど何だろうなと思い後で調べた所、谷村新司+仲間由紀恵のCD化もされている「北陸ロマン」という事でした。

・車内で朝食兼昼食
百千のおにぎり

品川駅の百千で買ったおにぎり。
左は富山県のおにぎり、右は静岡県のおにぎり。
富山県のはとろろ昆布。
正直そんなに食べたい感じの具ではなかったのですが、これからと富山に行くので...。

長野や新潟・富山の山の方には雪が積もっているのが見えて綺麗でした。

・車内から見た山々
長野を出た先 上越妙高付近
糸魚川付近 黒部川

順に、長野を出た先、上越妙高付近、糸魚川付近、黒部川です。
糸魚川には結構大きな工場が並んでいました。

自由席は、大宮~軽井沢間は混雑していて立客もいましたが、長野より先は空いていました。
モノノフっぽい人は少なく、黒部宇奈月温泉駅に到着。
改札に向かうとモノノフの人が結構いて混雑していたので、指定席に乗っていた方が多かったのでしょうか?

・黒部宇奈月温泉駅
黒部宇奈月温泉駅 黒部宇奈月温泉駅

・富山地方鉄道の新黒部駅
富山地方鉄道の新黒部駅

新幹線(黒部宇奈月温泉駅)からの乗換駅ですが、駅名が違います。
歩道橋等では繋がっておらず、信号を渡る必要があります。こういうケースは珍しそうです。

・新黒部駅前に置かれている黒部峡谷鉄道の機関車と客車
黒部峡谷鉄道:ED形 黒部峡谷鉄道:ハ形

電気機関車ED形と、客車ハ形です。ハ形は関西電力職員専用の客車。

それでは会場に向けて歩いてスタート。
シャトルバス(往復1000円)もありましたが、会場まで1.4kmなので歩きでも問題なさそう。
道先案内が多数設置されていました。

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内 道先案内

富山地方鉄道の踏切を渡ります。
ラッキー?なことに踏切が鳴ったので少し場所を移動して撮影。
隣の駅まで近いようで撮影後踏切にもどっていたらまた踏切が鳴りだしたので戻って撮影。

・富山地方鉄道
富山地方鉄道 富山地方鉄道

会場に向かうのを再開。

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内

・道の途中から見た立山連峰
道の途中から見た立山連峰

・道先案内
道先案内 道先案内 道先案内 道先案内
道先案内 道先案内道先案内

途中長い坂があり疲れました。汗かきました。
しんどそうに見えたのか、途中戻ってくるSTAR UOZUと書かれたTシャツを着た人に「がんばってください。あともう少しですから。」と励まされました (笑)。

で、これで終わりかと思ったら認証会場までまた坂があり。
別の坂に沿って入場待機列ができているし。
糸魚川かまぼこメンチも売っているウォー太郎PARKはどこ? と調べたら別の坂を登った先でした。

・ウォー太郎PARKからの黒部宇奈月温泉駅方面
ウォー太郎PARKからの黒部宇奈月温泉駅方面

これはすごく良い景色です。日本海も見えます。

・黒部峡谷鉄道の蓄電池機関車BB形
黒部峡谷鉄道:BB形

・蒸気機関車D51の車輪
D51の車輪

・新幹線 祝ぐて 萌え立つ 黒部川
新幹線 祝ぐて 萌え立つ 黒部川

・糸魚川かまぼこメンチ
糸魚川かまぼこメンチ 糸魚川かまぼこメンチ

ソースをかけたい衝動が。

・ステージ
ステージ

後ろに日本海や能登半島も見えて気持ち良い感じのステージ。
しかし今日のステージはここではありません。
という事で、今日のステージの場所へ。

| | コメント (0)

2019/04/16

京急大師線 産業道路駅付近の地下化 (5) 川崎大師駅

参拝を終えて川崎大師駅へ。
帰ります。

・川崎大師駅
川崎大師駅 川崎大師駅

駅名標が木目調になっていました。
以前は普通の駅名票だったはず。

(完)

| | コメント (0)

京急大師線 産業道路駅付近の地下化 (4) 川崎大師

東門前駅付近をうろちょろしていたらこんな施設が。

・川崎大師自動車交通安全祈祷殿
聖観音尊像前 聖観音尊像前

でっかい。
首都圏ゆえにこれだけの需要(そんな言葉使ったらいけないですね)があるのかな。
川崎大師の本殿等がある所とは別にあります。
工場の跡地だったりするのかなと思ったら、富士製鋼(現在は合併して新日鐵住金)の工場だったそうです。記念碑がありました。

・富士製鋼の記念碑
富士製鋼の記念碑

・川崎大師の案内図と横断幕
川崎大師の案内図 川崎大師の横断幕

せっかくなので参拝してきました。
心理的なものもあると思いますが川崎大師駅から歩くよりも近く感じました。

・川崎大師の入口
川崎大師の入口 川崎大師の入口

川崎大師の仲見世と言えば、飴切り職人が軽快に「まな板」を叩く音。
遅い時間なのでもう叩いている人はあまりいませんでしたが、この音が結構好きです。
飴を切るときはリズムが崩れるのでよろしくありません。
と思ったが、上手い人は餅を切るときもリズムを崩さないんですね。

・大山門と大本堂
大山門 大本堂

・八角五重塔と聖徳太子堂
八角五重塔 聖徳太子堂

・釈尊像
釈尊像

・日本百観音霊場お砂踏み参拝所
日本百観音霊場お砂踏み参拝所 日本百観音霊場お砂踏み参拝所
日本百観音霊場お砂踏み参拝所 日本百観音霊場お砂踏み参拝所

以前来たときはこれはなかったはず。
これを触っていかないとだめだったようです。

・聖観音尊像と祈りと平和の像
聖観音尊像 祈りと平和の像

| | コメント (0)

2019/04/15

京急大師線 産業道路駅付近の地下化 (3) 東門前駅

再び大師線乗り、せっかくなので産業道路駅の1つ京急川崎寄りの東門前駅で降りてみました。

・停車中の列車
東門前駅:停車中の列車

・駅舎
東門前駅:駅舎

・駅前の踏切から見た産業道路駅方面のトンネル
東門前駅:産業道路駅方面のトンネル 東門前駅:産業道路駅方面のトンネル

トンネルの上に線路が見えます。
旧線の下を掘り下げて軌道を作成して蓋をし、切り替え時にはその蓋を取ったものと思われました。

| | コメント (0)

京急大師線 産業道路駅付近の地下化 (2) 小島新田駅

産業道路駅から再び京急大師線に乗り、終点の小島新田駅へ。

・ホーム
小島新田駅:ホーム 小島新田駅:ホーム

・ホームにあった産業道路駅付近地下化工事の図
産業道路駅付近地下化工事の図

・駅舎
小島新田駅:駅舎

駅の先にJR貨物・神奈川臨海鉄道の川崎貨物駅があります。

・川崎貨物駅
川崎貨物駅 川崎貨物駅

右の写真のトンネルはこの後多摩川や羽田空港の東端を地下で通って東京貨物ターミナルへ。
この日は日曜日の昼間という事もあり列車が来そうな雰囲気はありませんでした。

・川崎貨物駅を渡る橋とそこから見た小島新田駅
川崎貨物駅を渡る橋から見た小島新田駅 川崎貨物駅を渡る橋

・小島新田駅近くの踏切から見た産業道路駅方面のトンネル
小島新田駅近くの踏切から見た産業道路駅方面のトンネル

味の素輸送のため、かつては大師線からJR貨物駅への連絡線があったはず。
どこにあったのだろうなと思って探索したら、明らかな跡がありました。
今は住宅になっていますが、そこだけ建物の向きが違うのです。
個人宅なので写真は自粛。

| | コメント (0)

«京急大師線 産業道路駅付近の地下化 (1) 産業道路駅