2018/01/16

有安杏果さんがももいろクローバーZを脱退

1月15日の昼食、大戸屋で期間限定の「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」を頼み、スマホでmixiニュースを見ながら食べていました。
ページを最新に更新したところ、有安杏果ももいろクローバーZ脱退の記事が。
「えぇぇっつ」と。
過疎り気味のmixiでこのニュースへのつぶやきが気付いて開いた時点でもかなりありました。(最終的には1500件超)

1月21日のライブで脱退し、事務所からも契約解除になるとの事。
「1月21日に何かあるんだっけ? 最近あまり追ってないしな」 と、
いずれにしろ申し込んでいないので行けません。
10月のソロコンの次の日のover40祭が最後に生で見るライブになってしまったのかなと、ももクリは行かなかったし、もう生で見ることができないことに悔いを感じました。

ももクロメンバーが40歳やさらに歳をとってもあの5人で、途中結婚や産休等による休業期間があるにしても続いていくんだろうなと、何となく思っていました。

このニュースを見たのが昼食をほぼ食べ終えた頃で良かったなと思いました。
平静を装って会計をすまし、
午後からの仕事は意外にも普通にできました。

10月のソロコンサート、「ココロノセンリツは今日が最後」旨話しておりました。
さらに最後の挨拶が何だか引退でもするかのような感じで気になっていたことを思い起こしました。
その後1週間経ってもそういう発表がなかったので安心していました。
たぶんあの時には脱退する事が決まっていた(或いは決めていた)んでしょうね。
あのソロコンに対する力の入れようとわがままぶりはこういう事だったのかと、今になって納得しました。あの時のわがままぶりに私は反発していましたが、結果的にはあれで良かったんだと思います。
 → 参考: ココロノセンリツ vol.1.5 (2017/10/29作成)

そのあと知ったのですが、1月21日のライブの観客はこれから募集するようで(*この記事をアップ頃には応募は終了しています) 少し安堵しました。
さらに後の帰宅途中に知ったのですが会場は幕張メッセ7~9との事で、これなら当たるかな。まぁ当たらなかったとしても仕方ないと現実として受け止めます。

帰宅後19時からのふんどしはもう終わっていたので(後から見ました)、
21時からのAbemaPrimeを見ました。5人全員で出演。

有安が抜けた後も私はももクロを応援していけるかなぁと。
正直自信がないです。なってみないとわからない。
ももクロを応援することを失いたくないなぁという思いもあり.ます。というか、誰かを応援するという事を失いたくない気持ち。これからはまた鉄道ファンに専念しようかなと。
昔広末涼子さんへの興味を失ってしまった後の空白期間みたいな。(あ、広末さんごめんなさい)
今からまた別の人を応援するのも何だかやりたくない気持ちもあり。
嫁さんでももらうか(笑い)
  - 嫁さんではなくて奥さんですね。(嫁は息子の妻)

AbemaPrimeで、しおりんだったかれにちゃんだったか「この4人になる事は現実として受け止めないといけないし、応援してほしい」旨。
音楽面では有安の役割は大きかったと思いますし、残された4人は正直不安でしょうね。越えなければいけないハードルは高いと思います。(そういう意味では辞める有安は気楽なものです)
この言葉を聞いてこれからも応援してあげないといけないなと思ったし、応援できるようなグループになって欲しい。

AbemaPrimeで最後有安が申し訳ありませんだったかそんな感じで深々とお辞儀し、それに倣って真剣な表情(特に夏菜子)で他のメンバーも。
なんだか不祥事を起こした会社の謝罪会見のようなお辞儀でした。

辞めた後の有安は何も決まっていないようで決まっていない日々を過ごしたいとの事。

ココロノセンリツvol1.5で新曲はなかったでしょ。
本当は作るつもりでいたがどうしても作れなかったのかなぁと。もしかしてそういう事により普通の生活を送ってみたい..と思ったのかな。
実際の所大学も行ったりブログなんかを見ても案外普通の生活を送っていていろいろ経験していて、私の方がずっと普通の経験をしていないように思います。

何も決まっていない日々は、有安にそれができるのかなぁと。
定年を過ぎた人ならともかく、それは逆に大変な事なのではないかと。
毎週月~金の決まった時間に働き、土日は休んですっきりというのが案外楽なのではないかな。
規則正しい生活って何も決まっていないと逆にできないように思うし、「ももかいつまで寝てるのよ、いい加減に起きなさい!」ってももかママの声が浮かびました。

これからどうやって過ごしていくのか?
いつしかどこかで例えば路上でギターを弾きながら歌っている姿を思い浮かべました。
♪スタートラインに立って...
ってね。
これからが有安さんのリ・スタートラインなんでしょうか。

せっかくなので昼食を食べながら上げようと思っていた「たっぷり野菜と和出汁の酒粕鍋定食」の写真を上げます。
Dsc_2853

※ これを読んで不快な思いをされる方もいそうですがこのままアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/14

鈴鹿・津の寺神社 (7) 円光寺

最後に津市河芸町上野にある円光寺へ。

・円光寺
Dsc_0490 Dsc_0489
Dsc_0488 Dsc_0487

裏の駐車場から降りてきましたが下から上がってくるのが正式だったみたいです。

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (6) 津観音

津市大門にある津観音へ。

・津観音
Dsc_0480 Dsc_0484
Dsc_0482 Dsc_0483

小さいですが五重塔もありました。
隣に資料館がありましたが閉まっていました。

近くに大門商店街がありましたがだいぶ廃れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (5) 高田本山専修寺

別の日に津市一身田の専修寺へ。
浄土真宗高田派の本山です。

・山門と唐門
Dsc_0447 Dsc_0477

・境内案内図
Dsc_0445

・如来堂と御影堂の並び
Dsc_0475

左が如来堂、右が御影堂です。
結構大きな建物です。
どちらも中に入れます。御影堂では法話が開催されていました。
どちらも2017年11月28日に国宝に指定されたとの事。

・如来堂
Dsc_0474

・御影堂
Dsc_0449 Dsc_0468

・進納所
Dsc_0451

進納所は御朱印の受付にもなっていました。

・鍾楼
Dsc_0453

・大玄関
Dsc_0456

・歌碑
Dsc_0464

行っていないのですが奥にもいろいろあったようです。

1月3日だったのですが参拝客は意外と少なかったです。
唐門の前にあった駐車場に止められました。

1月9~16日にお七夜報恩講が行われるそうです。
30年ぐらい前に家族+親戚で来たことがあります。遠い所に駐車し、多くの参拝客がおり、露店も並んでいました。その時がお七夜報恩講だったのかな?
精進料理みたいなものを食べた記憶があるのですが、お七夜報恩講のページに載っている「お非時」だったのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴鹿・津の寺神社 (4) 府南寺

続いて鈴鹿市国府町の府南寺へ。

・府南寺
Dsc_0395 Dsc_0399
Dsc_0398 Dsc_0397

2つ目の写真の門(仁王門)の中に金剛力士像がありました。府南寺のHPによると運慶作のようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鈴鹿・津の寺神社 (3) 洞水寺