2018/07/19

神奈川県立歴史博物館 (2) 常設展

常設展も見てきました。
閉館までそんなに時間がなかったので(とは言っても1時間弱)やや早足で。
以前とほぼ変わっていない... ような気がしました。

・原始・古代
Dsc_2910 Dsc_2913

・中世
Dsc_2920 Dsc_2927

・初代歌川広重「冨士三十六景」
Dsc_2930 Dsc_2933

左の写真は野毛横浜、右の写真は七里ヶ浜。

・江戸時代末期の村
Dsc_2934 Dsc_2935

今住んでいる所は幕府領 + 旗本領でした。

・近代
Dsc_2941 Dsc_2944

・現代
Dsc_2945 Dsc_2947

・武蔵小杉の今昔
Dsc_2948

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県立歴史博物館 (1) つなぐ、神奈川県博

6月24日、いつの間にか営業を再開していた神奈川県立歴史博物館に行きました。

・神奈川県立歴史博物館
Dsc_2953 Dsc_2951
Dsc_2908

1904年に完成した建物です。100年以上前です。
元は横浜正金銀行本店で、1967年から神奈川県立博物館として使用されています。

神奈川県博開館51周年記念「つなぐ、神奈川県博」が開催されていました。
常設展は撮影可ですが、この展覧会は撮影禁止でした。

・つなぐ、神奈川県博
Dsc_2950 Dsc_2909

神奈川県立歴史博物館の所蔵品を展示するもので、若手学芸員らが展示品を選定したそうです。
選定した方のコメントも添えられていました。
学芸員それぞれに担当分野があるようで、展示物は土器から最近のものまで様々です。
この建物に関する展示もありました。

結構良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

横浜イングリッシュガーデン

あじさいが見頃だった6月17日、「横浜イングリッシュガーデン」に初めて行きました。

tvkハウジングプラザ横浜の隣というか敷地内にあります。
有料で季節により値段が違います。

・横浜イングリッシュガーデンの入口
Dsc_2786

・横浜イングリッシュガーデン
Dsc_2799 Dsc_2813
Dsc_2816 Dsc_2808
Dsc_2833 Dsc_2810
Dsc_2836 Dsc_2819
Dsc_2862 Dsc_2835
Dsc_2841 Dsc_2884
Dsc_2864 Dsc_2868
Dsc_2875 Dsc_2865

花がきれいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

国立科学博物館 (2) その他

企画展として「沖縄の旧石器時代が熱い!」展も開催されていました。

・沖縄の旧石器時代が熱い! 展
Dsc_2743 Dsc_2744
Dsc_2746 Dsc_2760

「旧石器人の暮らし」のアニメ、冬はどうするのかわからないんだぁ~博物館のみなさんに調べてもらわないと~ 見たい感じで笑いまいた。

・常設展から恐竜とイカ
Dsc_2772 Dsc_2776

(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/15

国立科学博物館 (1) 人体展

6月9日、国立科学博物館で開催されていた「人体 -神秘への挑戦-」展に行きました。

・人体展の入口
Dsc_3393

14時過ぎに到着。
がらがらかと思っていたら入場券購入待ちありで、その先で時間指定の入場整理券を配布していました。
1時間15分後の整理券でした。
4年前に開催された「医は仁術」展は待ち時間はなかったので、医療系は人気がないのかなと思っていました。

時間が来て入場。

最初に人体解剖史に関する展示がありました。こういう視点もあったかと。

その後、人体の部位ごとの展示がありました。
本物の人間の臓器等の展示もあり、見たくない人の配慮がされていました。奥まった所で展示されており、見たくない人は入らなくても先に進めるようになってます。
 ~ 10年ぐらい前に各地を迂回していた見世物的な「人体の不思議展」とは違います
各動物の臓器等も比較展示されていました。
昔学校で習った理科の授業の復習のような感じで見ました。
肝臓・腎臓・すい臓あたりを混同していました。

後半は撮影可能でした。
タモリさんがいました。

・タモリさん
Dsc_3394

NHKスペシャル「人体」用に作ったブロックです。

・ネットワークシンフォニー
Dsc_2769 Dsc_2770

その他、電子顕微鏡を使って撮影した体内美術館等がありました。

特に前半は流れが悪くて入ってから見終わるまで2時間半かかりました。
結構良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«川崎市専用コンテナと神奈川臨海鉄道