2017/12/03

放送ライブラリー「2017秋の人気番組」展

まだ時間があったので同じビルの8階と9階にある「放送ライブラリー」へ。
こちらは入場無料で横浜都市発展記念館に来たときのついでに何回も来ています。

展示ホールの最初の所に展示「放送お茶の間物語」はリニューアルされたのかな? 前はなかったような気がします。

企画展として「2017秋の人気番組」展が開催されていました。
常設展は撮影禁止でしたが、企画展は撮影可でした。

・テレビ朝日「ミュージックステーション」の台本
Dsc_9821

「SINCE 1986」の文字が。
もう31年も放送しているんですね。
最初はタモリさんの司会ではなかった。(関口宏さんが司会)

・NHKのキャラクター「どーもくん」と、NHK横浜放送局の「マドロスどーもくん」
Dsc_9819 Dsc_9820

「2017秋の人気番組展」を見て、最近テレビでどういう番組が放送されているのか知らない事に気づいてしまいました。

放送ライブラリーを出た所で大桟橋に泊っている船が見えました。ここからこんな風景が見えることに今まで気づいていませんでした。

・放送ライブラリーを出た所からみた大桟橋
Dsc_9822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースパーク(新聞博物館)

横浜都市発展記念館の隣にあるニュースパーク(新聞博物館) に行きました。

2004年のみなとみらい線が開業してまもない頃に行って以来の13年振りです。
横浜都市発展記念館に行く度に入ろうかなと思うのですが、結構見るところがあった記憶があり時間の余裕がなく断念していました。
今回は比較的早く出かけたこともあり、時間に余裕があったので入りました。

・1階エントランスの新聞オフセット輪転機
Dsc_9797

1997年まで静岡新聞で使われていたものとの事。
これは入場料を払わなくても見られます。
いつからかロール紙の部分に映像が映し出されるようになり、残念に感じています。

2階の入場口へ。
団体客と鉢合わせてしまいました。

・団体記念撮影場所 (各社新聞展示)
Dsc_9798

同じ日の全国各紙の1面が展示されていました。
圧巻ではあります。
今年だったかの3月11日の新聞だったと思います。
大抵は東日本大震災関連の記事でしたが、スポーツ紙は違っていました。

2階には企画展示室があり、「英字新聞が伝えた「日本」――ジャパンタイムズ120年のあゆみ」が開催されていました。

13年前は2階にも常設展示室があり、歴史関係の展示がされていた記憶があるのですがなくなっており、常設展示室は3階のみでした。

常設展の最初は「コレクションギャラリー」。

・明治時代のマリノス型輪転機
Dsc_9801 Dsc_9805

・マリノス型輪転機用鉛版と、何だったかの印刷用の版
Dsc_9803 Dsc_9804

・東京オリンピック時の紙面の版
Dsc_9809

・かつて新聞記事の作成で使っていた昔のワープロOASYS
Dsc_9807

・各社の腕章
Dsc_9812

「新聞倫理綱領」のコーナーがありました。

・新聞倫理綱領から
Dsc_9810 Dsc_9811

新聞社のみなさん、「新聞倫理綱領」に基づいて制作してますかぁ???

マリノス型輪転機の所に書かれていたものですが、
Dsc_9802

「政府」の部分を「新聞」に置き換えても当てはまるかもしれないなと思いました。
嘘は言い過ぎかな、都合よく報道をするぐらいか。

「真実を届ける」のコーナーでは、
インターネット上の情報は信用にならず、新聞は正しいとでも言わんばかりでした。

いつしか団体客はいなくなり、もしかすると常設展の見学客は自分しかいない? という状況に。

・横浜のニュースパークがある辺りのジオラマ
Dsc_9814

・新聞で遊ぶ小部屋
Dsc_9815

「新聞ひろば」では過去の主要な出来事の時の新聞が展示されていました。

常設展示室に他に「新聞閲覧室」があり、全国各社の最新1週間分の新聞が置かれており見られるようになっていました。
こちらは何人か閲覧してる人がいました。

13年前に来たよりも展示がショボくなっていたように感じました。
2階には歴史や新聞製作に使う機器がたくさん展示されており、
3階には新聞の制作過程を説明するビデオ等もあって「へー」と思ったような気がします。
趣旨として当たり前なのかもしれないけど、部数が減りつつある新聞の宣伝色が高くなってしまった感じ。
なんだか残念に思いました。

これまでずっと「結構見るところがあった記憶があり時間の余裕がなく断念」していましたが、そんなに時間をかけずに見終えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/26

横浜都市発展記念館「みなとみらいの誕生」展

11月12日、横浜都市発展記念館で開催されている「ウォーターフロント・シティ横浜 みなとみらいの誕生」展に行きました。

Dsc_9795

・現在のみなとみらいがある場所にあった横浜船渠
・1965年に飛鳥田市長が打ち出した横浜市六大事業から始まったみなとみらいの計画
・横浜博覧会YES'89
がメイン展示でした。

横浜船渠に関する展示は充実していました。
後の三菱重工業横浜造船所です。
1889年の設立から1983年の閉鎖(移転)まで。
元々は修理だけだったようで、後に建造もするようになったそうです。
1号ドック(=日本丸が浮かんでいる所)と、2号ドック(=ドックヤードガーデン) は今も残っています。
2号ドックはいったん埋め立てた後埋め戻したような事が書かれていたような気がしますが、証拠が探せず。

みなとみらいの計画、
計画図面の展示もありました。何度か見直されており、かつては新港埠頭も埠頭機能を止めて開発する予定だったようです。
昔は「みなとみらい21」や「MM21」と言われていましたが、最近はこの言葉は使われず「みなとみらい」です。21世紀になってしまったからなのか。
1983年に着工、それから34年経ちますがまだ空いている所があり完成していません。結構完成まで長いと思いますが他の開発もそうなのかな?

横浜博覧会は当時は横浜住民じゃなかった(関東在住でもなかった)し、行ってません。
行ってみたかったです。
この頃は博覧会が流行っていましたが最近はないですね。

着工してからの現在に至るまでの過程の展示は、横浜博覧会を除いて欠けていたような気がします。

全体的に良かったです。
特に横浜船渠に関する展示は良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/24

立川駅のおでんうどん

立川駅の立ち食いそば屋「奥多摩そば」の名物、「おでんそば」..ではなく「おでんうどん」を食べました。
現在はNREの運営です。

・おでんうどん
Dsc_2729

具は
・さつま揚げ 1個
・がんもどき 2個
・玉子 2個
・がんもどき 1個 + 玉子 1個
から選べます。
大根とかそういうのはありません。
カラシも希望があれば付けてもらえます。(必要か聞かれました)

おでんの汁にうどんではなく、
うどんの汁におでんです。

特に違和感はなく、普通にうどんって感じでした。

Dsc_2730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/23

赤門町の東福寺

黄金町から北に少し行ったところの赤門町という所があり、東福寺があります。

・東福寺
Dsc_9788 Dsc_9789

門が赤いという事で、この辺りの地名が赤門町になったようです。

門の前に続くの道の南東側が赤門町1丁目で中区、北西側が赤門町2丁目で西区です。
同じ町名なのに区が違います。
ちなみに黄金町は中区ですが、黄金町駅は南区だったり。
黄金町が舞台の映画「濱マイク」で次回予告として区境のなんとか..ってのが流れていましたがそのような作品は作られませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ヨコハマトリエンナーレ2017 (5) 黄金町バザール